ランチョンマット作成
0
    01.jpg三月、幼稚園卒園。入園式の写真と並べてみて、ずいぶん大きくなったなあと感慨深いです。もう小学生なんて早過ぎると思いつつ、小さくなった園服を見ると、そんな感傷に浸っていてはいけない気もしてくるのでした。


    02.jpg入学式よりも先に学童が始まり、なんだか慌ただしく小学校生活スタートです。毎日とても疲れて帰ってきます。新しいことがいっぱいで緊張が多いみたい。母も、提出物やら保護者会やらで、やはり気が抜けません。


    さて、そんな小学校の就学準備ですが、用意するものに、防災頭巾と頭巾カバー、というのがありました。頭巾カバーは、小学校の椅子に装着できるような形状のものです。それを見た瞬間、今回はともかく市販の物を使っていこう!と心に決めました!手作りするにはハードル高過ぎです!それで、商品豊富という評判のヨーカドーで揃えることにしました。ロケットの飛ぶ宇宙の柄の袋などを買ってああよかった、と、ふと書いてある英語を読むと、『ACHILLES HEEL』。…。宇宙との関連性がぜんぜん思いつきません。弱点という意味のアキレス腱をなぜわざわざ?もう意味がわかりません。

    ヘンな英文はともかく、品揃えが本当に豊富なヨーカドーでしたが、給食グッズだけは、サイズやコスパがいまいちでしたので、自作することにしました。ランチョンマットと給食袋、給食を食べる時に楽しめるような柄のものを作りたいと思って、布地をネットで探すも、なかなか男の子向けによさそうな物が見つかりません。折悪しく、吉祥寺のユザワヤは新しい駅ビルに開店を控えて休業中です。

    どうしたものかと考えて、また、『かまわぬ』の手ぬぐいを使うことにしました。
    →過去記事『今更ながらのお弁当袋』
    002.jpgおにぎり柄、おさかな柄、パン柄、そして格子縞を買ってきましたよ。かわいいですねえ。


    003.jpg
    食品柄はランチョンマットに、格子縞は巾着袋にしました。手ぬぐいは、長手側の布始末がしてあるので、工程を少し省くことができます。そして、34cm×90cmというこのサイズが、今回は本当に便利でした。二つ折りにしてぐるりを縫って、短手側の端始末をして表に返し、また縁を縫えばすぐにランチョンマットの完成です。巾着袋も、格子縞を選んだことで、裁断から縫製まで格子の線を目安にできて、とても簡単にできました…4つもできてしまったけど、こんなに使わないなあきっと。息子はパン柄のが一番気に入ったようで、早速持っていきました。今日は初めての給食。どんな感想を持って帰ってくるか楽しみです。

    001.jpgこれは学童用のお着替え袋。幼稚園の座布団カバーを作った布が余っていたので、作りました。大好きなウルトラマン柄だけど、いつまで使ってくれるかな?

    Posted by : may5thnews | こどものためのハンドメイド | 11:45 | comments(0) | trackbacks(0)
    まだ歩かない赤ちゃんのための防寒用ブーツ…5
    0
      作りました!のご報告を、ハンドルネーム『ころころりん』さんから頂きました。掲載の許可を下さいましたので、ブログで紹介させて頂きます。

      0213boots.jpg
      『子供用のブーツを手作りしようと思い型紙を探していました所、こちらのブログに辿り着きました。おかげ様で無事に作る事が出来、愛用させて頂いております。今まで帰宅時に冷たかった足が、ブーツを履かせることで暖かくなり、とても安心しています。』


      写真の感じから表地はリネンなのかなと思ったのですが、お聞きしたらデニムでした。考えてみたら、リネンではたとえ歩かないにしても、靴としてはちょっと心もとないかもしれませんね^^;私の作ったものはカジュアルな感じでしたが、こうして選ぶ布地が変われば、こんな風にかわいいナチュラル系にもなるんだなあと、とても感慨深かったです!ボアの布やゴムの色にもこだわりを感じます〜

      そんな、ころころりん様からは、このブーツを手作りして販売をされたいという、さらに嬉しいお話がありました。ブログなどの販売サイトが決まり次第、こちらの記事にも掲載させて頂きたいと思っています^^

      ちなみに、この型紙を使ってお作り頂いたものは、自由に販売して下さって構いません。ころころりん様にもお願いしたのですが、紙やWEB媒体での販売の時は、『型紙はMay5thより』と小さくて構いませんのでURLを入れてやっていただけましたら、当零細ウェブショップの宣伝になりますので、それだけ御助力下さいましたら嬉しいです。 (幼稚園のバザーなどで、商品のみ販売される場合はお気になさらずです)

      ☆追記☆
      ころころりん様がブログを開設されました。販売は少し先になるようですが、楽しみです♪
      → korocororin 手作りちょこちょこ、毎日ころころ

      ブーツの記事はこちらです
      → ふわふわブーツ

      関連記事:まだ歩かない赤ちゃんのための防寒用ブーツ…1
      関連記事:まだ歩かない赤ちゃんのための防寒用ブーツ…2
      関連記事:まだ歩かない赤ちゃんのための防寒用ブーツ…3
      関連記事:まだ歩かない赤ちゃんのための防寒用ブーツ…4

      Posted by : may5thnews | こどものためのハンドメイド | 11:12 | comments(0) | trackbacks(0)
      ことしもおまつり装飾
      0
        11.jpg

        幼稚園のおまつり用装飾。今年は万国旗です。画用紙を切ったり貼ったり。



        12.jpg

        万国旗の塗り絵のページをネットで見つけて、それを同じサイズに縮小して画用紙に反転印刷をして下書き。印刷面から切れば、下書きが見えません。



        13.jpg

        何の修行かというアメリカの星。ビバおかんアート。

        この作業で初めて知ったのですが、イギリス国旗って対称形ではないんですね。切った紙を貼り付けようとして、あれ何か違うなと思って気付きました…。
        twitterでつぶやいたら、お友達のfrogsplashさんが、『おおー、私も知らなかったー!と、積ん読中の新書『「イギリス社会」入門』を見たら、国旗の章に書いてあった! 上下逆でもそれに気づくイギリス人も少なさそうだとか。』 とリプライくださいました。そうなんだ!



        14.jpg

        合計90枚ほど。全ての国の旗を作りたいという野望が途中で生まれましたが、時間無いし、とあきらめました。そんなに作っても多過ぎるし!



        15.jpg

        最後に、息子のクラスの旗と、幼稚園のマークの旗を作りました。幼稚園も今年で最後、こういう機会もこれからもうそうそう無いだろうと思うと、ちょっと寂しい気がします。でも、無事に終わってよかった!

        Posted by : may5thnews | こどものためのハンドメイド | 11:49 | comments(0) | trackbacks(0)
        今更ながらのお弁当袋
        0
          年長さんになって、お弁当をランチクロスで包むことになりました。お弁当も果物も箸も一緒に包むのね、と思っていたら、あくまでお弁当箱だけを包んで、それを袋に入れるのだということで、包んだ分これまでより少し大きめの袋が必要になったので、サイズを測って作りました。

          01.jpg布地に手ぬぐいを使いました。余った布地でコップ袋も新調。おにぎり柄におさかなのランチクロスは『かまわぬ』のもの。電車柄は、TRAINIART(トレニアート)という鉄道グッズ店のもので、東京駅のギャラリー2階のミュージアムショップで買いました。



          02.jpg

          電車柄の中身は、かまわぬの自転車柄。乗り物つながりということで^^
          ちなみにこの電車柄は、柄の上下があるので、一度裁断してまた合わせるという作業が必要で、ちょっと面倒でした。 裏地のシーチングと紐は100均で買いました。作り方ですが、『Ecco fatto♪ごはん出来ましたよ』様の『マチ付き巾着袋の作り方(裏地付き)』がとてもわかりやすく解説されていて、私にもなんとか完成させることができました。ありがたや


          03.jpg

          お名前付けは、こちらの記事での予定通りに、トランスフォーマーのサイバトロンのアイコンです。トランスフォーマーも進級を前にして3月で放送が終わってしまって、息子的にはちょっと盛り上がりに欠けているかも・・・アメリカで今放送されている続きはいつ見られるんだろう。映画の4は全然違うお話だそうですね。


          04.jpgついでに、頂いたミニ手ぬぐいを2つに切ってハンカチ仕様にしました。そのままだとちょっと長過ぎて、息子は上手に使えなさそうかなと。端を細く折りたたんでミシンがけするのは大変でした。本来は切りっぱなしで使うものらしいのですけれどね。



          それにしてもけっこう渋い感じのお弁当グッズになってしまいました。きんぴらごぼうとか五色豆とか、地味なおかずでも気にせず食べてくるので、そういうおじさんぽい雰囲気のお弁当と合っていて、まあいいかななんてw。キャラ弁とかかわいらしい感じのおかずシリーズとか、特に喜んでくれないんですよね。なぜなんだ。

          Posted by : may5thnews | こどものためのハンドメイド | 22:08 | comments(0) | trackbacks(0)
          お名前付けグッズベストバイ
          0
            最近ちょっとお名前付けグッズについて、twitterでお話ししていたのですが、うちはこれがよかったな、というのをせっかくなのでまとめてみます。うち的ベストバイw。条件が違えば便利な商品も違うと思いますので、まずはうちのスペックから。

            ・幼稚園通い
            ・体操服以外はお名前付けサイズの指定なし
            ・クラス名も必要
            ・自分のだとわかる何がしかのマーク推奨
            ・汚し屋男子

            ということで、最終的に落ち着いたのがこちらです。

            エーワン 布プリアイロン接着ネーム用16面 33537

            お名前つけ01.jpg

            自分でレイアウトして印刷するタイプ。

            注文するフロッキータイプと、
            とにかく剥がれにくい!という素材がちょっとビニールっぽいタイプ、
            も使用したことがありました。

            靴下の名前がすぐ剥がれてしまうのではないかと思って、剥がれにくいと評判の商品を探して使いました。でも、どちらも本当に剥がれにくいのは良いのですが割れてきてしまい、では貼り替えを、と思ったらぜんぜん剥がれず、これはいかんなと。

            布プリのA4サイズを自分でカットして使ったこともありましたが、コスパ的には良いのですけれどやはり切るのが面倒で、この16面のシールタイプに落ち着きました。

            また、エーワンで提供されている『ラベル屋さん』というソフトが本当に使いやすくて、用紙それぞれを選ぶことで簡単にレイアウトができるし、印刷の設定も楽で失敗なしなのです!


            印刷したてのお名前シール。


            お名前つけ02.jpg


            さて、自分で印刷だと気になるのはその劣化です。靴下とかすぐ剥がれちゃうかも、とか思っていたのは懸念でした。汚くて申し訳ないのですが、ずいぶん使った後の画像を。

            お名前つけ03.jpg

            3ヶ月もののw靴下。

            お名前つけ04.jpg

            もうすぐ1年もののハンカチ。

            お名前つけ05.jpg

            ひどい泥汚れをウタマロでごしごし洗ったら、やはり印刷は薄くなりました。文字が読めないほど薄くはならないです。また、あまり剥がれてもこないのですが、もし剥がれてきたらアイロンを当てればまたくっつきます。


            こちらは1年ものの制服のブラウス裏側。
            ブラウスの下に肌着を着ているので、こちらはそんなに劣化していません。

            お名前つけ08.jpg


            お弁当箱関係は画像左の、

            お名前つけ06.jpg

            エーワン ネーム用ラベル16面
            水に強い光沢白無地フィルムタイプ 4シート 29335

            というのを使っています。油が染みたりすると少し文字が滲んだりしますけれど、問題にならない程度です。そして洗っても本当に剥がれない!でも貼り替えたくて剥がしたい時はさっくり剥がれます。

            右側のはサンワサプライのアイロン転写紙 JP-TPRTYNA6
            こちらは体操着のお名前付けに使っています。フォトショップで作ってカットして。

            これが布プリシリーズではなくて、ちょっとビニールっぽい素材なのはなぜかというと、布プリの唯一の欠点(ごめんなさい)として、印刷後の最初の洗濯で少し色落ちするところがあって、小さなネーム用だとぜんぜん気にならないのですが、体操着のお名前のように面積が広いと、せっかく白いお名前部分がなんとなく生成りっぽい色になってしまうのです。体操着が白いのに、お名前部分が白くないのがいやなのです。で、このビニールっぽいタイプだと、白は白いままという訳です。

            それなら小さなネーム用もビニールタイプで、とも思いましたが、ビニールっぽい素材だとアイロンを直にかけられないのですよね。制服やお弁当袋にはアイロンをかけたいので×なのです。

            そうそう、息子の通う幼稚園は自分マーク推奨なので、今年はE6系を使っていました。来年度はこちらの予定。

            お名前つけ07.jpg

            トランスフォーマー。サイバトロンのロゴマーク。
            鉄風味が少し薄れてきましたが、結局こういう機械っぽいものが好きな息子です。


            Posted by : may5thnews | こどものためのハンドメイド | 11:27 | comments(0) | trackbacks(0)
            TOP